細木数子を踏み潰す
視聴率の女王




 2003年頃からテレビ各局で人生相談を行う特別番組が20%前後の高視聴率を叩き出すようになり、各局が争奪戦を繰り広げ 「視聴率の女王」 とまで呼ばれた。 番組に共通する特徴としてウッチャンナンチャン、ネプチューン、くりぃむしちゅーといったお笑いタレントが司会を担当している。

 2004年後半にブームのピークを迎え、8月には 『ズバリ言うわよ!』 ( TBS系 )、10月には 『幸せって何だっけ~カズカズの宝話~』 ( フジテレビ系 )と2本のレギュラー番組が始まった。 両局とも細木好みの若手イケメンタレント( 滝沢秀明( タッキー&翼 )、要潤 )を用意するなど、細木に最大限配慮した番組になっている。 しかし滝沢秀明と要潤の扱い方が違う。 滝沢秀明に対するむき出しの愛情表現からは、男性に対して思い込みの強い一面が窺える。

 タレントに対して改名( 売れるからと周囲に言われて改名したモンキッキーなど )を迫ったり 「地獄に堕ちる」 など歯に衣着せない発言で知られる。 ( モンキッキーに関しては、その後の彼本人と彼女の会話から、実際に改名前よりも売れるようになったと思われているが、当人はテレビ番組やインタビューなどで 「すぐにでも名前を元に戻したい」 と発言していた )番組で目立つのが、男女の性差を極度に重視する発言である。 もっとも彼女自身の言動はその縛りを受けないらしい。 彼女は男性にも、男性が女子供を養うことを当然の義務と断じるなど、極めてハードルの高い男性らしい態度を求めているが、とりわけ 「女は男に尽くすべき」 「女は料理ができなきゃダメ」 など細木流の 「女性としての常識」 を求める発言に対し男尊女卑だと問題になった。 フェミニズム的思考の強い杉本彩、神田うの、インリン・オブ・ジョイトイなどが反発するも一喝。 独身女性に結婚を促すなど、女性一般に対して思いやりのある面をもつ一方、細木自身が女性として平凡な人生を生きてきたわけではなく、女性のあり方に対する細木の持論が説得力に欠けるというという点は否定できない。

 また、細木は 「ハードゲイ」 として人気の芸人レイザーラモンHGこと住谷正樹が、 「ズバリ言うわよ!」 の2005年8月9日放映分 「芸人直談判SP」 に出演した際、住谷のパフォーマンスに激怒。 住谷が細木に対し、 「( あなたは僕の事を )占う気ないでしょ」 と返すが、細木は 「占わない自由もある」 と門前払い。 同番組開始以来初の鑑定拒否( 細木数子の鑑定自体、ただの自身からの批評にしか過ぎない箇所が多々あるが )となった。

 そして、2005年9月27日( 火 )18時55分~22時54分の 「いつもよりズバリ言うわよ! 細木数子 vs. 教育問題女子高生&男子高生&現役教師総勢300人! メッタ斬りスペシャル!!」 では、泉谷しげるのアウトローな言動に激怒し途中退出する。 その他のゲスト小川直也、蛭子能収、パク・ソルミはオンエアーされたものの、泉谷しげるはオンエアーもなかった。

 2005年4月9日に放送されたフジテレビ系めちゃ? イケてるッ!の 「め茶の水女学園」 の抜き打ち期末テストでは6位という成績。 かなりの珍解答を出していたが、先生役のナインティナインの岡村隆史が調べた結果、細木の誤答が実在する会社の名称であることが明らかになった。
   正答:モアイ、細木の答え:ヘモア ⇒ 韓国の香辛料メーカーの名称。
   正答:メロス、細木の答え:メディス ⇒ NHK九州メディス( 福岡県にあるNHKの関連会社 )


2005年7月23日に放送された25時間テレビでライブドアの堀江貴文と対談した際に、
あんた頭いいのに “けつにょ” も知らないの? ⇒ 「 欠如( けつじょ ) 」
( 株価が )乱気流するわよ ⇒ 「 乱高下 」
一長一短にはいかないわよ ⇒ 「 一朝一夕 」
まあ、 “うよくっせつ” はあるけど ⇒ 「 紆余曲折」
ポーターサイト作っても、出る釘は打たれるわ ⇒ 「 ポータルサイト」 「出る杭 」
何卒( なにとぞ ) ⇒ 「 なにそつ 」
携帯サイド ⇒ 「 携帯サイト 」
 などと不思議な日本語を連発した。 それ以外にも漢字の読み間違えが非常に目立つ。
 ( 非常に一夜漬けな知識で説教をしている事が分かる。 それを有難がって聞いているバカどもめぇ~ )

 『「鍵」 よ! 絶対、泥棒が入れない 「鍵」 作りなさい。 絶対売れるわよ!』 ( ライブドアを 『扉』 を作ってる会社だと思ってる様子 )とか、既婚で子供もいるライブドア広報の乙部綾子に対し 「いい人が出来るわよ」 などと独特の感性で語った。


 また、ライブドア株について番組中で 「将来5倍になる」 と発言した。 だが2006年1月に発生したライブドア・ショックにより、ライブドアの株価は5分の1以下にまで低下。 細木数子の発言で株を購入したが失敗したとの意見がマスメディアに取り上げられた。 それ以外にも堀江貴文に対し 「女性関係に気をつけないと失敗する」 と発言。 細木本人は22006年2月3日放映の 『幸せって何だっけ~カズカズの宝話~ 』でこの発言が予言として当たったと主張している。

 さらに2005年9月9日に放送された 『幸せって何だっけ~カズカズの宝話~』 において、ゲストの春風亭小朝の、 「細木自身が困ったときはどうするのか」 との質問に対し、 「これを言うと私のメッキが剥れる」 「10年後に話そうと思っていた」 と、もったいぶるように前置きした後、 「私には全能観世音菩薩( 由来は不明 )がついている。 30年前に修行で得た。 全能観世音菩薩が世界中の事象( 「じしょう」 と読む。 細木はこの言葉を 「じぞう」 と読んでいる )を語ってくれる」 と告白した。

 2005年11月11日には 『幸せって何だっけ~カズカズの宝話~』 で 「養鶏場で作られる卵は薬を使って1日に何個も鶏から卵を産ませている」 と発言。 養鶏団体が細木数子の発言は虚偽だとして抗議をし、放送したフジテレビが謝罪した。 だが、細木数子はこの発言について取り消してはいない。

 同様に 「阪神大震災で死んだ人は冷蔵庫の中が汚かった人。 冷蔵庫をきれいにしてた人は、地震などがあってもたまたまほかの地方に旅行に出てたりして助かってる」 や 「花粉症患者は心が悪い」 などの問題発言は多数ある。

 こうした細木の独断的な発言は( やや保守的な常識にささえられた )彼女なりの良識に貫かれており、2005年現在、ブームはやや沈静化しつつあるが、レギュラー番組は高視聴率をキープしている。

 一般には分かりづらいことや突拍子もないことを話したり過激な発言で鑑定相手を恫喝するような態度に対する批判も多く、またその前時代的で保守的な思想に反感を覚える人たちも多い。 鑑定の信憑性に対する疑問もある一方で、鑑定内容とは無関係に人格を否定した誹謗中傷も多いことも事実である